なぜ、渡邊は猫社長の会を発足させようと思ったのか…?

 

少し、渡邊の昔話にお付き合い下さい…。

2010年…。7年前30歳の私は、人生のどん底にいました…。

妻と別れ…、仕事も上手くいかず…。

残ったのは、「橋本という地縁の無い場所に購入したマンション」と「莫大な住宅ローンという借金」…。

現在、これらの問題は全て解決しているのですが…。

当時の私は…「ああ、(人生)終わったな…。」と自殺を決意したその時に…。

足元にすり寄ってくる、温かい感触…。

当時の飼っていた猫2匹が、「僕たちがいるから、死なないで」と言わんばかりに引き止めてくれたのです。

その2匹の猫は、今は天国で仲良く暮らしています。

猫に生かされた私は、「いつか猫に恩返しをしたい」と思うようになり、

今日の猫社長の会の活動に繋がります。

PS:三毛猫は「ホームズ」、黒白のハチワレは「ジジ」と名付けました。

   ジジは、2013年5月17日 享年5歳  ホームズは、2016年10月5日 享年約15歳

   渡邊の苦しい時代を一緒に乗り越えてきてくれた、今は亡き戦友2匹です…。